たまなのお話・無駄話

たまなの話

重複するだろうけど履歴

MMO歴

アスガルド
大航海時代
UO
(てつけだけなら動物王国とかレットストーンとかも)

へていちど止める

それからはアバターサイトとネットゲーム程度

PC歴

94年に98にあこがれて買ったのがwin3.1
おりしもカラー初上陸
(マックはとうにカラーだった)

私の話

恩師

中学の担任が凄かった。小林美知夫・・・確かそんな名前だった。先生違ったらごめんよぉ(汗)
生徒が言う事聞かないと授業をボイコットしたり
国語の授業が・・・ひねくれものゲームの時間に変わったりする
ひねくれものゲームとは5題目あって
例えば
・あのつく有名人
・この教室にあるもの
・アルファベットで書けるもの(ローマ字禁止)
・音楽のタイトル
・この季節で思い付くもの
と仮定して・・・クラスでだれも思い付かないものを書くほど点数がよく
だれもが書いたものは点数にならずに
点数の高いものの勝ち
点数の付け方は忘れちゃったけどたぶん1人10点2人5点3人2点4人以上0点みたいな感じ

ギターが上手でマイクを通した声がかっこよく女のこに大人気
じゃあ男の子にはというと・・・これが人気あったのだな
先生が引っ越すときのお手伝いなんと男性生徒の出席率100%を打ち出してる

なんでこんなに好かれてたのか今でもわからない

解ってる事は
奥さまが病弱でとても大事にしてた事
自分は不慮の事故続きで何度も生死をさ迷った不死身だと言ってた先生だ事

でもさらに今考えれば・・・
先生は私達生徒にとって先生である前に一人の人間だった
私達は生徒である前に先生にとって一人の人間だった

いつも体当たり的な教育だったけど
それに不平不満は無かったかな

私は2人大嫌いな担任がいるけど
上記の先生ともう一人大切な先生がいる

学校では苛められてたし、はみ出しっこだったし
勉強も運動も芸術もろくにできなかったけど・・・たぶん2人の恩師との出会いは幸運だったなと

私のRPG

子供の頃インベーダーやパックマンから入ったゲーム世代の私
でもファミコンとかは買って貰えずゲームウォッチが数台あっただけ

RPGの歴史は卒業してあっさり止めた農協の次に選んだおもちゃ屋に始まる
自分の給与でスーファミとまだ色の無いゲームボーイを買った
お気に入りはサガだったかな
他にもあるけどほとんどRPGかシュミレーションだった気がする

そして本格的に足を突っ込んだのが郵便メールRPG
そして地元でテーブルトークを覚え
ネットでMMOに飛び込む
自分で稼がなくなってMMO止めたのだけど
いろんなゲームしててもMMOの頃が強烈で懐かしくて
ブラウザでできるログレスを知って
始めたもののチュートリアル段階で挫折
でも今年に入って・・・
MMO知らない平次を撒きこんで今ここに居たりするのだな


ゲーム全般・パソコン全般

上にも書いてあるが
インベーダーやパックマンから始まり
ゲームウォッチ
ファミコン
そして数々のTVゲームの発売
そんな中

パソコンも94年
アップルのカラー画面に負けじと
windowsがカラーに3.1の幕開けである
私はパソコンとはそのころからのユーザーだったりする

自作機械の製作こそできなかったものの
当時は掃除からメモリーの増設
HDDの2分を1つにして再インストールとか
若いころはなんでもマニュアル片手にやった(苦笑)

パソコン自体はもともとアバター系のSNS出身
"カフェスタ"がそれと言ったらわかるかな・・・
その頃から珠那(たまな)名乗ってる

同時多発テロなんか起きたりして
ゲームでも殺生が怖くて
RPGができなくなってた時もあるけど

30歳の時2つ下の妹が死んで
パソコンが自分専用機として落ち着いた頃
忘れもしない32歳の時
7つほど年下の中の良かった友達に誘われて

MMOにどっぷりはまる
ゲームは"アスガルド"

誘ってくれた子がそこそこ大きなギルド長してて(ここのクラン)
そこで私は成長してく
もっとも当時は仕事で目視検査員してたので
平日は夜6-9時朝5-7時INはきっちり守ってた
目を酷使するのでそれが限界線だったかな


組織自体は入った時が全盛期で・・・
彼女が長放棄をする時間がながくなるにつれ
組織は崩壊してったけど

私はその中で成長した
レベル上げてキャラ増やして職業増やして
組織の最後に残った4人のうち3人と他のゲーム
大航海オンラインへ移動したかな

2017/12/3 をもって自クラン「銀色の九尾狐」を解散しました

解散・・・何を言っても言い訳にしかならないのですが

まー衝動的かつ短絡な行動の末の急激崩壊による解散です
私自身は反省・後悔山ほどありますが
同時に私は自分を知ってます

同じ状況下でまた行動を求められたら同じ行動しかできない愚か者です

細かい事情や心理状態は公の場ですので横に置いといて
新規クランを作った人からゲームを止めていく予定の人まで
組織をぶっ壊すということの重みは感じてます
これがリアルなら人の人生を左右しててもおかしくないのかもですが・・・
どこかで元気でしてくれればと思うのです

問題は現在も心に惹かれる人たち交流のある人たちで

自分がどう付き合うべきか
やり直すべきか
同じ事を繰り返さない距離と態度はどうあるべきかなのですが
これがかなり私には苦手な分野で

傾倒せずにはいられない依存症・・・かなり重症で25年過ぎちゃって

怖くて声かけずらく
甘えづらく
でも待ってるのには不安で
結局接触してみたりと
かなり精神不安定状態かもですね

乗り越えられるといいのですけどね・・・



コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-12-21 05:57:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード